トップページ

怪獣同盟

──普段どのような活動をしていますか?

ヒーローショーや映像撮影、着ぐるみの制作などをしています。ヒーローショーも映像撮影も着ぐるみがないと行えないので、まずは着ぐるみの制作から始めます。着ぐるみは年に3回ほど新しいものを制作していて、デザインの段階から全て自分たちでつくっているんです。特撮の全てを自分たちの力でやるサークルは他にないので、自然と熱も入ります。

──1週間の活動時間はどれくらいですか?

月・水・土曜日の週3回、18時~21時半に活動しています。また、日曜日に映像撮影や着ぐるみの制作をすることもあります。 サークルのメンバーそれぞれが自分の活動したい範囲で活動していますね。

──ショーや企画の内容は誰が決めているのですか?

年に2回の企画会議で案を選定し、発案者を中心に着ぐるみ制作や映像などについて考えます。 ヒーローショーの中の人は、基本的には立候補制ですね。

──怪獣同盟 に入ろうと思ったきっかけを教えてください。

自分の好きな特撮作品のプロデューサーについて調べている過程で、その人が怪獣同盟を創設したことを知りました。「これはもう入るしかない!」と思いましたね(笑)

──活動していて特に楽しい瞬間を教えてください。

イベントの最後に役になりきってお客さんと握手したり、新歓期に他のサークルさんとコラボ写真を撮るときですね。思わずテンションが上がってしまいます。

──早稲田祭2018に対する意気込みをお願いします。

早稲田祭では例年ステージでヒーローショーを行い、教室では着ぐるみや映像の展示を行っています。昨年はヒーローショーを大隈講堂前ステージで行いました。今年は10号館前ステージでの披露となりますが、昨年よりもたくさんのお客さんを呼んで盛り上げたいです!

一覧に戻る