トップページ

わせだ知恵袋とは?

「わせだ知恵袋」では、みなさまの「なぜ?」を早稲田の先生がわかりやすく解説してくれます!
事前に行ったアンケートでは「愛と恋の違いは?」「どうしてロボットは動くの?」といった様々な疑問の声が集まりました。
みなさまもふとした疑問を早稲田の“頭脳”に直接質問してみませんか? お待ちしております!

日時・場所

11月3日(土) 12:30–13:30
早稲田キャンパス 3号館 305教室

答えてくださる先生

尾形哲也先生

尾形哲也 先生

理工学術院 基幹理工学部
表現工学科 教授
産業技術総合研究所
人工知能研究センター
特定フェロー

AI(人工知能)の革新的技術として「ディープラーニング」が現れ、画像の認識、翻訳、囲碁など、様々な分野で大きな影響を与えていますが、本格的なロボットへの応用はこれからです。ディープラーニングの概要、そしてこの技術とロボットの統合によって、何が新しくできるようになり、そしてどのような限界があるのか、をお伝えできればと思っています。

松居辰則先生

松居辰則 先生

人間科学学術院 人間科学部
知識情報科学研究室 教授

人間は多くの知識を用いてさまざまな問題を解決することができます。さらに、人間はさまざまなものやことに対して「感じる」ことができます。景色を見て落ち着いた気分になったり、音楽を聴いて元気になったり……。
これは人間の持つ素晴らしい特徴なのですが、その仕組みには謎が多くあります。私は、この謎を科学的に分析する研究(感性情報科学)を行っています。人間の不思議について、みなさんからの楽しい質問をお待ちしています。

村岡慶裕先生

村岡慶裕 先生

人間科学学術院 人間科学部
リハビリテーション科学・生体計測研究室 教授

私は昆虫や小生物、恐竜、ものづくりが大好きな少年でした。今は人の体の動くしくみなどを調べて、手足が麻痺した人の生活を助けるデバイスなどを作っています。相手が喜ぶプレゼントを作るような気持ちで、研究活動を日々楽しんでいます。

小塩真司先生

小塩真司 先生

文学学術院 文化構想学部
現代人間論系 教授

人間の心理的個人差の内容や構造、またその発達プロセスに興味があります。みなさんが普段使っている言葉で一番近いのは「性格」でしょうか。多様な人々が生活する世の中で、互いに理解し合い、より良い関係を築いていくにはどうしたらよいかを探りたいと考えています。