TALKSHOW

プロフェッショナル 早稲田の流儀

企画概要

早稲田大学が誇る各分野のプロフェッショナルが早稲田祭2019に登場!
伊藤賀一さん、古新舜さん、竹俣紅さんの3名をゲストに迎え、トークショーやワークショップを行います。ぜひお越しください!

伊藤賀一(いとうがいち)さん

リクルート運営のオンライン予備校『スタディサプリ』で日本史・倫理・政治経済・現代社会・中学地理・中学歴史・中学公民の7科目を担当する「日本一生徒数の多い社会科講師」。
43歳で早稲田大学を一般受験し、現在は教育学部生涯教育学専修に在学中。


伊藤賀一

ゲストより

映像授業では話せない話のみ、話します。
早稲田の隠れた魅力、授業の〇×、受験勉強の仕方、日常のタイムマネジメント方法、年齢の離れた学生たちとの付き合い方などなど。
なにより専門の「生涯学習」を実践する人間として「学び続ける」メリットをご紹介します。老若男女にストライクする楽しい講演にぜひ!

企画時間・場所

早稲田キャンパス

11月3日(日) 13:00~14:30
(12:30開場)

早稲田キャンパス 3号館401教室

古新舜(こにいしゅん)さん

早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。学生時代にいじめや引きこもりを経験。大手予備校物理科講師を10年務めた後、現在は映画監督として活躍しながら、映画を通じてコミュニケーションを育むことをテーマに活動している。


古新舜

ゲストより

1日目にお越しくださる方へ

現在社会を渡り歩くのに必要な力は、認知スキルと共に「社会情動的スキル」です。
AIの発達や多様性の浸透など、時代が大きく変化を遂げる中で、知識や学歴だけでは、社会で通用しない時代となりました。自分の志やビジョンを主体的にデザインし、他者と比較しない自分の在り方が現代社会を切り拓いていくキーワードです。
本ワークショップでは、誰しもが抱えているにも関わらず、まだ気づいていない自分のストーリーを発見・構築していきながら、社会情動的スキルに繋がる「ストーリーブランディング力」をアクティブ・ラーニング形式で身につけていただきます。


2日目にお越しくださる方へ

会社での対人関係や家庭での親子関係のギクシャクに悩んでいませんか?
自分の思い通りに相手に動いてもらいたいのに動いてもらえない、掲げた目標に対して思った成果がなかなか出てこない。その理由は、自分の中の心の在り方にあるのです。
理想の自分に近づき、自分を好きになれるスキルを、映画とアドラー心理学を絡めた独自のワークショップで特別にお届けいたします。

企画時間・場所

早稲田キャンパス

11月2日(土) :
11:00~13:00
14:30~16:30
11月3日(日) :
11:00~13:00
14:30~16:30(全4回)
※各回とも開場は企画開始時間の30分前です。

早稲田キャンパス 3号館202教室

竹俣紅(たけまたべに)さん

2005年、6歳の時に将棋を始め、2012年から2019年3月まで女流棋士として活躍。現在はワタナベエンターテインメントに所属し、学生・タレント活動の傍ら、初心者への将棋指導などを行う。早稲田大学政治経済学部に在学中。


竹俣紅

ゲストより

普段授業を受けている教室で自分がトークショーをするというのがちょっと変な感覚です(笑)
まだ何をお話するか決めていませんが、みなさまと楽しい時間を過ごしたいです。
ぜひお越しください!

企画時間・場所

早稲田キャンパス

11月3日(日) 11:30~12:30(11:00開場)

早稲田キャンパス 3号館402教室