早稲田祭2021について

概要

【名称】早稲田祭2021

【主催】早稲田祭2021運営スタッフ

【日程】2021年11月6日(土)、7日(日)

【時間】10:00~17:00

【開催形態】オフライン開催(事前予約制)とオンライン配信を併用したハイブリッド形式

※安全を最優先に考え、感染状況に応じて変更する場合がございます。

【開催場所・プラットフォーム】早稲田大学 早稲田キャンパス、戸山キャンパス・早稲田祭2021公式サイト

早稲田祭2021開催に寄せて

早稲田祭2021運営スタッフ代表
小野寺 佑月

この度は本サイト、そして早稲田祭2021へお越しいただき誠にありがとうございます。

祭とは”人”が創るもの。であれば早稲田祭もまた、人の手によって、人と”共に”創るものです。ここまで教職員の皆様をはじめとして、地域にお住いの皆様、企業・校友の皆様など、非常に多くの方々のご理解とご協力をいただきました。

共に早稲田祭2021を創ってくださいましたこと、運営スタッフ代表としてこの場をお借りして心より御礼申し上げます。

早稲田祭を紡ぐのは早大生一人ひとりの想いです。そのひたむきな想いは人の心を動かし、周囲を巻き込み、大きなうねりとなって新たな文化を生み出します。早稲田祭2021はそんな早大生の想いと”共に在る祭”を目指し、今日という日を迎えました。

たとえ離れていても変わることのない、早大生の熱意ほとばしる姿を、ぜひその目に焼きつけてください。そしてまた、その姿を届けるため陰ながら支える早大生がいることを、少しでもお知りおきいただけましたら身に余る光栄に存じます。

早稲田祭2021はご覧くださるあなたの傍に、共に在ります。心震える祭を、どうぞお楽しみください。

早稲田大学総長 田中 愛治

新型コロナウイルス感染症の流行により、早大生の学生生活は今も大きな制約を受けています。

このような苦境の中、昨年度のオンライン開催の経験を活かし、学生の皆さんが力を合わせて、参加人数を限定した対面でのイベントとオンラインを併用したハイブリッド開催という大きな進化を遂げた新たな形式での早稲田祭2021の開催にこぎ着けたことを祝福し、早稲田大学を代表して、心より御慶び申し上げます。

また、ご来場・ご視聴の皆様方、ならびにこのような不安定な社会情勢において早稲田祭の開催にご協力いただいた全ての方々に、深く感謝申し上げます。

早稲田大学は1882年の創立以来長く積み上げた歴史の中で、進取の精神のもと、さまざまな挑戦をしてまいりました。初めての試みとなる今回のハイブリッド開催は、まさにこの進取の精神の表れであります。

ご来場・ご視聴いただきますご父母の皆様、受験生、校友、地域の皆様、そして全ての早稲田ファンの皆様におかれましては、豊かな学生文化が凝縮された早稲田文化と早稲田精神の発露を十分にご堪能いただけるものと思います。学生たちへの熱いご声援を、よろしくお願い申し上げます。

テーマについて

キャッチコピー

早稲田祭。それは時代を超えて早大生の想いが育む夢舞台。 人との繋がりが希薄化した今でも、その祭の本質は変わらない。 さまざまな困難が立ちはだかるこの時代でも、早大生の想いが早稲田祭を、早稲田文化を形創る。 あなたが感じる祭がここに、「それでも共に」。

ロゴ

さまざまなものを繋ぐことができる「紐」によって人と人との繋がりを、「&」の記号によって共にあることを表現しました。また、紺色の紐の先端がちぎれている様子は、この時代に人との繋がりが減っているさみしさなどの不完全要素を表現しています。一方で黄色はそのような状況でも一筋の光がさし、希望が共にある状況を意味しています。また、早稲田祭史上初めての文字ロゴであり、誰にでも伝わりやすい一方で目新しい印象を与えることを目指しています。

ハイブリッド開催発表の動画