地域×早大生メッセージ企画

地域×早大生メッセージ企画ってどんな企画?

本企画は、地域の飲食店と早大生が相互に抱いている想いを目に見える形にして発信するもの。

早大生を代表し、早稲田大学のサークルのみなさまには、早稲田大学周辺地域の飲食店のみなさまに対しての想いを込めた色紙を作成していただきました。 そして飲食店のみなさまからは、早大生に対する想いを込めたビデオメッセージをいただきました。早稲田にしかない地域と早大生の素敵なつながりを感じることができる暖かい企画です。

コロナ禍によって進化した地域×早大生メッセージ企画

まずは、新型コロナウイルス感染拡大による2020年の本企画の変化を紹介いたします。本企画の前身は、早大生を代表した早稲田大学のサークルのみなさま、そして周辺地域の飲食店のみなさまがお互い色紙にメッセージを書いて想いを贈り合うという形でした。そしてその色紙を早稲田祭当日に休憩スペースなどで展示することにより、来場者のみなさまへ想いを発信する企画でした。

しかし、新型コロナウイルス蔓延によって早稲田のまちに大きな影響が出ました。早稲田祭2020もオンライン開催。展示形式をとっていた本企画も、従来の形式では周辺地域のみなさまと早大生の想いを見える形にできず、形式の変更を余儀なくされます。そこで、企画担当者はこれをきっかけに本企画のオンライン化を一気に進めました。実施形態を休憩所での展示形式から、動画形式へ変更したのです。

それにより早稲田祭2020では、色紙は例年通り各サークルのみなさまに書いていただきつつ、飲食店のみなさまからのメッセージ動画をリレー方式でつなげました。その結果、コロナ禍においても地域と早大生の変わらない想いを目に見える形で発信し続けることができました。また、完成した動画はSNSを通じて拡散され、NHKのニュースにも取り上げられました。

そして早稲田祭2021では、周辺地域のみなさまと早大生がつながりをさらに持てる企画へと進化しました。実際に色紙を渡す際に、色紙を作成したサークルのみなさまと共に直接店舗まで訪問。また、Zoomを通してサークルのみなさまに集まっていただき、ワセメシへの感謝の一言を収録し、周辺地域の方へ動画を通して声で想いを伝えることができる場を作りました。更に早稲田祭2021では、当日に各ステージでの放映を実現させます。SNSでの拡散も含め、メッセージ企画はさまざまな人に知られる企画となりました。

早稲田祭2022でも早稲田祭当日の各ステージでの放映、SNSでの拡散を通じて、より多くの人に早稲田大学周辺地域の飲食店の皆様と早大生のつながりの暖かさを感じていただければ幸いです。

早稲田祭2022の実施について

本年度のメッセージ企画のテーマは早稲田祭2022のメインテーマを踏まえ、「想い」です。早大生と飲食店のみなさまの双方がそれぞれへの想いを伝えることを通じて、「感謝」に加え、さらに広い幅で気持ちを伝え合います。本企画に参加してくださった飲食店のお名前を公式パンフレットや公式サイトなどに掲載し、サークルの方々の作成した色紙がより多くの人の目に留まるようにしています。

なお、本企画で作成した動画は、早稲田祭2022当日に各ステージやVR企画内にて放映するほか、各種SNSでも配信します。

ご協力いただいた皆様へ

本企画は、ワセメシと呼ばれ、早稲田のまちを彩るさまざまな周辺地域の飲食店のみなさま、早大生を代表して色紙作成をしてくださるサークルのみなさまの協力によって実現しています。熱い想いを目に見える形として発信することができているのも、ひとえにみなさまのご協力のおかげでございます。心より御礼申し上げます。

ワセメシ店主のみなさまからの早大生への熱い「想い」を日々感じ、私たち早大生からもその熱さに負けないくらいの熱い「想い」と「感謝の心」を伝えていきたいと思います。本企画がより強いつながりを構築するきっかけとなれば幸いです。そして今後も飲食店のみなさまに加えて、早稲田祭に来場しこの企画を目にする全ての方に感謝の気持ちが伝わるような、素晴らしい企画を目指してまいります。