ABOUT

早稲田祭2019について

開催概要

来場者数約18万人、450を超える企画数を誇る日本最大級の学園祭、早稲田祭。

今年のキャッチコピーは、「いまを時めく者たちへ」。さまざまな分野で「時めく」早大生たちに、熱く魅せられる祭をお届けします。

【名称】早稲田祭2019

【運営】早稲田祭2019運営スタッフ

【日時】2019年11月2日(土)、3日(日) 10:00~17:00

【場所】早稲田大学 早稲田キャンパス・戸山キャンパス・周辺地域
アクセスに関してはこちらをご覧ください。

【公式Facebookページ】
【公式Twitterアカウント】

ロゴについて

ロゴ

時代の中心に立つ、つまり「いまを時めく」早大生が魅せられて「時めく」姿を2つのスポットライトで、その周りを暖かく包み込むように、早稲田祭2019を訪れる来場者が早大生に魅せられて「時めく」姿を淡いふじ色で表現しました。また、早稲田祭史上初めてテーマカラーに淡色を用い、今までにない新しい早稲田祭を創り上げていきたいという挑戦的な意味も込めています。

テーマについて

キャッチコピー

みなさんが「時めく」のはどのような時ですか。

圧巻のパフォーマンスに魅せられた時、素晴らしい芸術作品に魅せられた時、心に響く言葉に魅せられた時…… 人は魅せられた時に「時めく」のだと思います。

早大生は激動する時代の波に飲まれることなく、いつだって「時めく」気持ちを大切にしてきました。そして、人生でたった数年しかない早大生という いま を全力で生きる姿に、多くの人が魅せられ、胸が「時めく」ことでしょう。

平成から令和へと時代が大きく変わる いま 、早稲田祭2019が、時代の中心に立つ早大生一人ひとりの「時めく」姿に全ての人が「時めく」祭となりますよう、願いを込めました。

ロゴについて

ロゴ

時代の中心に立つ、つまり「いまを時めく」早大生が魅せられて「時めく」姿を2つのスポットライトで、その周りを暖かく包み込むように、早稲田祭2019を訪れる来場者が早大生に魅せられて「時めく」姿を淡いふじ色で表現しました。また、早稲田祭史上初めてテーマカラーに淡色を用い、今までにない新しい早稲田祭を創り上げていきたいという挑戦的な意味も込めています。